水瓶座の時期の星の動き

 

日本国憲法には、「教育・勤労・納税」の三大義務があると定められています。

こうした社会のシステムや、それに対する私たちの義務は山羊座の領域です。

山羊座を持つ人は、こうしたことを守る力に長けています。

 

水瓶座は逆に義務を遂行する意識が低くなりがちです。

それは、水瓶座に責任感がないからではありません。

(むしろとても強い方です)

 

水瓶座は本来、日常生活では「放課後」や「退社後」を表し

人生の過程でみると「リタイヤ後」を表します。

それらは全て、義務を終えた後の状態であり、

その段階で本領を発揮するのが水瓶座なのです。

 

これはつまり、

水瓶座が山羊座の次の星座であることに由来していて

この時間の進み方が、占星術の大原則なのです。

 

義務を遂行する時の主体は、集団側にあります。

集団側とは学校や会社や自治体、国家などが相当し、

個人はその要求に応えることが必要です。

 

しかし、義務を終えた後の段階では、主体は個人に移行します。

集団で共有される価値観から解放され、

独立した個を形成します。

 

そのため水瓶座は

他者や集団に迎合することを嫌い、独自固有の価値基準を持ち、

あらゆることを自分自身の意思で判断することを好むのです。

「義務」だから行うのではなく、

それが本当に大事なことなのかを

自分で判断することに価値をおくのです。

 

古い話で恐縮ですが

1988年ほど前に中外製薬のCMで

5時から男」というキャッチコピーが流行りましたが

高田純二さんの月星座は山羊座で、太陽星座が水瓶座です。

 

この組み合わせは、

「集団の価値観を守ることを土台としてきた人が

そこから離れ、いかにして個を自立させていくか」

このテーマが人生の基本的な柱となります。

 

会社のために尽くしてきた人が、

人生において本当に大事なことを見つけ

より大きな世界へとチェンジしていく姿は

その典型的なケースといえます。

 

5時から男」というのは高田さんの人生のテーマを象徴していたと言えるでしょう。

1988年に流行語大賞を取った時は41才。

42才前後は、水瓶座らしい変化変容が最も多くみられるタイミングです。

 

さて、2017年の水瓶座の時期の特徴ですが、

 

まずは「全ての惑星が順行する時期がある」ことです。

 

惑星は時々逆行します。

水星の逆行が有名ですが、太陽と月以外の8つの惑星には

必ず逆行期間というのがあります。

 

逆行期間が全くない時期はとても珍しく、

前回は2015年の年末年始と約1年前でした。

今回は18日から25日までの27日間が

全ての惑星が逆行せず、順行の状態にあります。

 

惑星の逆行がないということは2つの意味を持ちます。

1つは、「停滞感が全くなくなり、次への扉が開けていく」ことを表します。

この現象は内面の準備ができている人にとっては

とても心地良いものとなりますが

準備が出来ていない人にとっては

焦りや不安を増長させることになるでしょう。

 

もう1つは、「より宇宙の原理原則に基づき、ことが進みやすい」ことを表します。

宇宙の原理原則とは、人間界の価値観よりも、

より大きな自然界に近い考え方です。

人間が抗うことができない、自然の摂理のようなものと考えてください。

 

そういう意味では、社会の枠組みを超越し、

世の中をより俯瞰して見る水瓶座とは

とても親和性のある時期といえます。

 

特に128日は新月となり、

惑星の順行、あるいは水瓶座らしさが加速するといえるでしょう。

 

今年の水瓶座の新月は9度で起こり、

サビアンシンボルは「鷲へと変化する旗」です。

「旗」は理念や方針、あるいは理想的なビジョンを掲げることを表し

「鷲」はそこに生命力や行動力を与えることを表します。

つまり理想を現実化するための行動力を表します。

 

水瓶座ですので、その理想は、その人独自の価値観から生まれたものであり

また合理性、論理性が高く、普遍的なものであるでしょう。

つまり誰も反論できないような、隙のない理論で構築された正論です。

 

それはとても普遍性の高いものであり、

理としてはある種パーフェクトなのですが

現実に落とし込むことはとても困難です。

 

社会は筋を通すことに対してあまり寛容ではありません。

どちらかというと妥協や柔軟性の方が生きやすさは与えてくれます。

  

そのため、水瓶座は時として、現実や他者と大きな衝突を起こします。

そして、今年の水瓶座の時期では

自分にとっての真理や正義が、他者とぶつかったり

環境の中で理解されないこともあるでしょう。

 

「言っていることは決して間違っていないけどでも…」

でも、「それを通すことは難しい」「現実的ではない」と否定されたり

あるいは、話が違う、筋が通っていない、感情的に押し付けられる

こうしたことは起こりやすいかもしれません。

 

そういう時は、

目の前で起こっている困難なことや

自分のその時の信念にこだわり過ぎず

自分自身の乗っている船が

確かな方向に進んでいることを

確認できるまで、その状況を俯瞰してみることです。

 

その時は納得できなくても

経験を通して、またひとつ自分自身の世界観が大きく広がるのがわかるはずです。

 

東海 豊

山羊座の時期の星の動き

 

射手座から山羊座に移動するということは

火のエレメントから地のエレメントに移動することを表します。

火のから地への移動は年に3回あり、それぞれ共通点があります。

 

最初は牡羊座から牡牛座。

牡羊座でこの世・三次元の世界に飛び出した魂が

牡牛座でこの世に命を持って生きるための肉体を手に入れます。

 

次は獅子座から乙女座。

獅子座で表現した自我は、乙女座で環境に適合させることで

より強固なものへと成長させます。

 

最後が射手座から山羊座。

射手座で構築した理念や世界観を

山羊座という現実の世界に落とし込みます。

 

このように火のエレメントは形のない精神性を表し

地のエレメントは、その精神性を三次元という現実の世界の中で

より価値あるものへと成長させていくのです。

 

例えば「自分探しの旅」という言葉は

射手座を象徴するような言葉ですが

射手座の段階では、その旅は完結しません。

なぜなら射手座にはゴールという言葉はないからです。

ある段階まで来ると、必ず次の冒険に向かいます。

 

そのため時として「自分探しの旅」という言葉は

「ずっと探したままで一生を終えてしまう」というような

ネガティブな意味で使われることも多くあります。

 

この射手座での「自分探しの旅」がより成熟するためには、

現実の世界の中で、その自分を生きてみることが必要です。

つまり次のステージに進み(山羊座に進み)

現実にコミットすることが大切だということになります。

 

山羊座の季節は、このように

現実的な足元を見ることや社会の中への根の張り方などを

問われる場面が増えてくる傾向があります。

 

さて、そんな山羊座ですが

今年の山羊座の星の配置の特徴は、

冥王星が滞在していることにあります。

 

冥王星は1930年に発見された惑星で

247年という大きな公転周期を持っています。

一生の3倍以上の時間をかけて公転するということから、

人間が簡単に理解できるようなことではないことを表します。

つまり、人間にとって未知のものや、想定外の出来事を

もたらすことを、冥王星は表すのです。

 

その冥王星が、三次元社会そのものを表す山羊座に滞在する時期は

社会のシステムそのものが大きく変わる傾向がでてきます。

もちろん、その変化は247年に一度という変化になりますので

私たちには経験のない大きな変化を表しています。

 

また、冥王星が山羊座に滞在する期間は2008年〜2023年ですので

冥王星は約15年かけて、社会の制度やシステムを変えていくことになります。

 

この15年の中で「今年はどんな位置づけになるのか」

それをみるためには、太陽が冥王星と重なるタイミングの

サビアンシンボルを見ていきます。

太陽は毎年、1日だけ冥王星と重なり、

その時代の冥王星の影響を強く照らすのです。

 

今年は17日、山羊座18度で、太陽が冥王星と重なり、

サビアンシンボルは「イギリスの国旗」です。

 

山羊座のサビアンシンボルは、

前半で山羊座らしい社会性を身に付け、

中盤で子供帰りしたり、内面の感情を優位に考えたりする時期を経て

終盤で完成された山羊座になっていきます。

18度という度数は、中盤から終盤への転換点です。

 

これは例えば、社会のあり方としては、

ここ数年、世論や民意が強く影響していた流れを

国が主導権を取り戻すような流れに変わっていくことを表しています。

あるいは、消費者と企業との関係、生徒や親と学校側の関係なども同様です。

 

感情やイメージが作り出す時流を

現実的で合理的な視点から管理側に主権が移動し、

世の中の感情的なイメージをコントロールする傾向に

変わる可能性があります。

 

上手にコントロールしてもらえれば混乱もないでしょうが

力で制圧されれば、より大きな混乱はさけられないかもしれません。

この時期に就任するアメリカ大統領はその象徴です。

動向を注目しながら見ていきたいものです。

 

東海 豊

 

 

 

射手座の時期の星の動き

 

逃れられないような運命的な出来事や

限界を超えるような体験の後には

その場を離れ、旅に出ることがあります。

 

自分自身を縛り付けているものから解放されることと

人生を見つめ直すことの両面が旅の目的です。

 

その旅の中で、自分に起こったことを昇華し、

同時に自分自身の価値観が書き換えられます。

結果として、人は成熟した哲学を持つようになり

その後の人生で本来の自分自身を生きるようになります。

 

こうしたプロセスが蠍座から射手座への移行です。

 

射手座はどんなに困難なことや苦しいことがあっても

希望と楽観性を持ち続けることができるサインです。

それは万物は常に形を変えて生生流転する

ということをよく知っているからです。

 

蠍座は物事を固定する力が強く

良くも悪くも、永遠に変わらない力を信じます。

しかし、射手座は変わることに価値をおくのです。

 

物事の真理がどちらにあるかは別として

蠍座の視点は「変わらないこと」に比重がおかれ

射手座の視点は「変わること」に比重がおかれます。

 

また射手座は火のエレメントです。

火のエレメントは、形あるものより抽象的な概念や

精神性を大切にします。

 

そのため、射手座の視点である変わること(変化変容)とは

蠍座で起きた現実的な出来事に対して、

その現実そのものを変えるのではなく

精神性、つまり価値観を変えていくことになります。

 

離れられないものから離れる

あるいは、動かないものを動かすためには、

こうした精神性や価値観を変えるという発想や

その場から離れるという立ち位置の取り方を

射手座に学ぶ必要があります。

 

さて、そんな射手座の時期に入るわけですが

今年に射手座で一番の天体の特徴をあげるとすると

それは土星が射手座に滞在していることでしょう。

 

土星は約2年半で一つのサインを移動し

29年で12サインを一周する惑星です。

射手座には2015918日から20171220日まで滞在しています。

 

土星は厳しい教師と言われています。

そのため、土星が射手座に滞在すると

射手座的なことに制限がかかり苦しい

という考え方も、あることにはありますが

それはやや古い考え方です。

 

それよりも土星は、保守点検係と考えた方が良いでしょう。

滞在する星座に関する領域のことに関して

きちんと今後使えるかを点検し、補修し、更新してくれます。

ただし、その方法がやや厳しく感じることはあります。

 

また土星は、29年という周期を持っていることから

今後29年、継続していけるように補修をしてくれるのです。

逆に今まで29年使ってきたものは賞味期限切れというわけです。

 

射手座的な領域とは

哲学、信仰、学問、旅、海外、ゲーム、出版、勉強などなど多々ありますが

誰にとっても共通なテーマは

「価値観」、あるいは「価値基準」ということになるでしょう。

大げさに言えば「哲学」ということになります。

 

つまり土星が射手座に滞在しているということは

古くなった価値基準を見直し、書き換えることを

促されていることになります。

 

特に12/10は太陽が土星に重なります。

この日は射手座19度であり

サビアンシンボルは「住居を移動するペリカン」です。

 

これは周囲の環境を優先してきた人が

自分自身の価値観を優先して、

そこに適した環境を探しにいく

という意味になります。

 

2016年の射手座の時期は

こうした動きのきっかけとなる出来事が起こりやすかったり

内面がこうしたことを感じるような流れになりやすいでしょう。

 

特にこの一年間、自分自身にとって

「何を大切にして生きていくか」を考えてきた人たちは

それを実行に移す時が来ているといえます。

 

環境(場所、地域、会社、家族、人間関係など)

適合するために、着てきた服を脱ぎ捨て

自らの価値観に適した環境を求めていく時です。

 

19度という度数は、そもそも

精神性とその精神の現実的な落とし込みを

両立させることができる度数です。

そのため、価値観とその価値観を実行する環境の

両面が必要になります。

 

また、これからの人生の価値基準が定まっていない人は

そこを構築していくための勉強することもお勧めです。

勉強というと堅苦しい感じがしますが

自分自身の興味のあるジャンルの中で学ぶことが大切です。

 

「楽しくなければ勉強ではない」

これが射手座の信条なのです。

 

東海 豊

ハロウインと蠍座について

 

日本のハロウイン市場は大きく成長し、

ついにバレンタイン市場を超えました。

金額にして1220億円。

(これは驚くべきことに鰻の市場を超える数字です)

バレンタインよりハロウインにお金をかける現象は

現代の若者の心理をよく表しているのだろうと思います。

 

ハロウインはもともとケルトの暦に基づいた祭事です。

これをサウインと呼びました。

 

ドルイドというケルトの僧侶が行う年越しの祭で、

古い火が消され、新たな火で新年を迎えます。

また、年が越す時に異界の扉が開き、先祖の霊が戻ってきます。

その時に、あの世とこの世を行き来する、悪霊や妖精を

慰めたり、追い払ったりするのです。

111日の朝になると、ドルイドが祭事に使った

焚火の燃えさしを各家に配ります。

この燃えさしで竈に火を付けると、

悪霊から家を護ることができると言われていました。

 

19世紀の中ごろ、アイルランドで大きな飢饉が起こりました。

その時代の北欧での主食であるジャガイモが疫病に侵され、

何年も続く大飢餓とまりました。

そこで、多くのアイルランド人がアメリカに移住したのです。

(占星術では、ちょうど海王星が発見された時代です!)

 

その時に、サウインという風習も持ち込まれ、

それがキリスト教文化に取り入れられ

ハロウインという形で現代まで定着しています。

 

カトリック教会では、111日を「オール・ハロウズ」といいます。

(ハロウズとは聖人、聖者のことです。つまり全ての聖人の日です)

その前夜祭が「オール・ハロウズ・イヴ」です。

それが訛り、ハロウインとなりました。

お化けのかっこをしてお菓子をもらう風習は、

悪霊を慰めるために食物を外においた風習をそのまま受け継いでいます。

 

ハロウインの歴史は

信仰の対象が、自然界からキリスト教へと移行し、

さらに現代では消費や経済へと変わってきていることを

とてもよく反映している変化と言えるでしょう。

 

さてこの1031日という日ですが、

この日は秋分と冬至のあいだの日を表しています。

二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)のあいだの

節季をクロスクオーターといいますが、

東洋の暦では117日前後の「立冬」がそれに当たり、

西洋では、1031日のサウインがその日に該当します。

 

どちらも、このタイミングは蠍座の時期です。

蠍座は冥界と顕界のあいだに存在する星座です。

そうした意味では、サウインやハロウインの風習は

蠍座らしい風習といえるでしょう。

 

蠍座は冥界と顕界を行き来することができるので、

冥界のことをよく知っている人が多いのが特徴です。

前回、蠍座は「何か集中する星座」とお伝えしましたが

これは蠍座の表の顔です。冥界絡みは裏の顔ですね。

 

冥界を知っているというと

魔女的なイメージを持つかもしれませんが

(実際に魔女的な蠍座は多いのですが…)

現代流に変換すると、物事の裏や奥をよく知っていることになります。

 

そのため、蠍座は表層的な価値基準で物事を判断することはありません。

 清きは善であり、濁りは悪であるという考え方では

生命の本質に近づくことができないのです。

 

例えば、商業主義に染まったケルトの祭事を過剰に否定することもなく

死者や悪霊や魔女といった言葉を排したキリスト教の「聖人の日」を

やはり過剰にリスペクトすることもありません。

 

ハロウインの日に渋谷で騒ぐ若者たちも

教会の片隅で告解する人も

サウインで火祭りをするドルイドも

全てひっくるめて、人間であり、世界であると考えます。

こうした「清濁併せ持つ」という考え方が

蠍座が人間の本質を理解するために

持ち込んだ視点であると考えられます。

 

星を読むことは

自分自身を知り、自分自身を生きるための

視点を与えてくれることでもありますが

この蠍座の視点は、人間を、自分自身を真に理解するために

絶対に欠かせない視点です。

 

東海 豊

 

蠍座の時期の星の動き

 

10/23に太陽は天秤座から蠍座に移動します。

蠍座は持っているエネルギーを

ひとつのことに集中させることを促す星座です。

 

例えば対人関係であれば、不特定多数の人と平等に接し、

言葉と知性で多くの人と交流をするのが天秤座です。

蠍座はその中から本当に共感共鳴できる人に限定して、

そこに全てのエネルギーを集約します。

 

「共感共鳴」は水のエレメントのお家芸ですが

蟹座は家族のように共感できるグループを作り、

魚座は地球の裏側で泣いている人とも共感することを望みます。

それに対して、蠍座は心の奥深いとこで共感しあえる

ただ一人の人を探しているのです。

 

また、蠍座がただ一人の人と出会うための条件は

誠実さや優しさ、あるいは信用といった

通常の対人関係における基準とは異なり

その人との出会いを「運命と感じることができるか」

という点にあります。

 

それは蠍座が、見た目の人間性や人格レベルの情報で

人を見るのではなく、もっと別の次元で

人を理解する目を持っていることを証明していると言えるでしょう。

 

天秤座から蠍座への移行は

人間の理解の仕方が、ひとつ深まるための移行といえます。

 

また天秤座では、広げた門戸から広い世界に飛び出し

たくさんの人やことと出会いました。

そこから、エネルギーを集中するための

「自分にとっての特別な何か」を見つけることも

天秤座から蠍座への移行といえます。

 

「秋が深まる」という太陽と地球の関係は

私たちの内面にこうした変化をもたらすのです。

 

また、11/14の満月はスーパームーンを迎えます。

スーパームーンは「月の近地点」といい一年で一番、月が地球に接近する日です。

 

満月は22:53に迎えますが、その時の月の配置は牡牛座9度で、

サビアンシンボルは「飾られたクリスマスツリー」です。

これは「吹雪のような厳しい雪の季節であっても、

内なる幸福は手に入れることができる」と解釈します。

 

牡牛座はもともと自分自身の欲しいものに忠実な星座です。

しかし大人になると、純粋な欲求の叶え方より、

大人としての振る舞いの方に意識は傾倒していき、

結果、バランスを崩します。

 

そんな状態にある人には、ぴったりの満月でありスーパームーンと言えるでしょう。

大きな月が夜空に輝く中で、多少わがままであっても、

自分自身が一番、求めているものを強く実感してみることが大切です。

 

また、その少し前の新月直前の10/29には

火星と天王星が90度(スクエア)という角度をとります。

この組み合せは「突発的な出来事や衝突」を表します。

緊張しながら一進一退を続けていて、

一定の大きさで膨らんでいた風船が、突如弾けるような配置です。

 

こうした時は単に「注意しながら過ごす」のではなく、

その出来事が次への展開への出発点になると考えます。

つまり11/14の「飾られたクリスマスツリー」へと繋がるような

出来事であると考えらるのです。

 

風船が破裂し、周囲の環境は冬景色に変わるが、

逆に心の内側は豊かさを取りもどす。

今年の蠍座の時期は、そんな秋になるかもしれません。

 

東海 豊