射手座の時期の星の動き

 

逃れられないような運命的な出来事や

限界を超えるような体験の後には

その場を離れ、旅に出ることがあります。

 

自分自身を縛り付けているものから解放されることと

人生を見つめ直すことの両面が旅の目的です。

 

その旅の中で、自分に起こったことを昇華し、

同時に自分自身の価値観が書き換えられます。

結果として、人は成熟した哲学を持つようになり

その後の人生で本来の自分自身を生きるようになります。

 

こうしたプロセスが蠍座から射手座への移行です。

 

射手座はどんなに困難なことや苦しいことがあっても

希望と楽観性を持ち続けることができるサインです。

それは万物は常に形を変えて生生流転する

ということをよく知っているからです。

 

蠍座は物事を固定する力が強く

良くも悪くも、永遠に変わらない力を信じます。

しかし、射手座は変わることに価値をおくのです。

 

物事の真理がどちらにあるかは別として

蠍座の視点は「変わらないこと」に比重がおかれ

射手座の視点は「変わること」に比重がおかれます。

 

また射手座は火のエレメントです。

火のエレメントは、形あるものより抽象的な概念や

精神性を大切にします。

 

そのため、射手座の視点である変わること(変化変容)とは

蠍座で起きた現実的な出来事に対して、

その現実そのものを変えるのではなく

精神性、つまり価値観を変えていくことになります。

 

離れられないものから離れる

あるいは、動かないものを動かすためには、

こうした精神性や価値観を変えるという発想や

その場から離れるという立ち位置の取り方を

射手座に学ぶ必要があります。

 

さて、そんな射手座の時期に入るわけですが

今年に射手座で一番の天体の特徴をあげるとすると

それは土星が射手座に滞在していることでしょう。

 

土星は約2年半で一つのサインを移動し

29年で12サインを一周する惑星です。

射手座には2015918日から20171220日まで滞在しています。

 

土星は厳しい教師と言われています。

そのため、土星が射手座に滞在すると

射手座的なことに制限がかかり苦しい

という考え方も、あることにはありますが

それはやや古い考え方です。

 

それよりも土星は、保守点検係と考えた方が良いでしょう。

滞在する星座に関する領域のことに関して

きちんと今後使えるかを点検し、補修し、更新してくれます。

ただし、その方法がやや厳しく感じることはあります。

 

また土星は、29年という周期を持っていることから

今後29年、継続していけるように補修をしてくれるのです。

逆に今まで29年使ってきたものは賞味期限切れというわけです。

 

射手座的な領域とは

哲学、信仰、学問、旅、海外、ゲーム、出版、勉強などなど多々ありますが

誰にとっても共通なテーマは

「価値観」、あるいは「価値基準」ということになるでしょう。

大げさに言えば「哲学」ということになります。

 

つまり土星が射手座に滞在しているということは

古くなった価値基準を見直し、書き換えることを

促されていることになります。

 

特に12/10は太陽が土星に重なります。

この日は射手座19度であり

サビアンシンボルは「住居を移動するペリカン」です。

 

これは周囲の環境を優先してきた人が

自分自身の価値観を優先して、

そこに適した環境を探しにいく

という意味になります。

 

2016年の射手座の時期は

こうした動きのきっかけとなる出来事が起こりやすかったり

内面がこうしたことを感じるような流れになりやすいでしょう。

 

特にこの一年間、自分自身にとって

「何を大切にして生きていくか」を考えてきた人たちは

それを実行に移す時が来ているといえます。

 

環境(場所、地域、会社、家族、人間関係など)

適合するために、着てきた服を脱ぎ捨て

自らの価値観に適した環境を求めていく時です。

 

19度という度数は、そもそも

精神性とその精神の現実的な落とし込みを

両立させることができる度数です。

そのため、価値観とその価値観を実行する環境の

両面が必要になります。

 

また、これからの人生の価値基準が定まっていない人は

そこを構築していくための勉強することもお勧めです。

勉強というと堅苦しい感じがしますが

自分自身の興味のあるジャンルの中で学ぶことが大切です。

 

「楽しくなければ勉強ではない」

これが射手座の信条なのです。

 

東海 豊

コメント
コメントする