天秤座の時期の星の動き

 

9/22・秋分に太陽が天秤座に入ります。

太陽が星座を移動する時は、風景や季節の変わり目です。

乙女座から天秤座への移動は、夏から秋への変わり目となります。

 

季節の始めとなる星座は「活動宮」と言われ、

春の牡羊座、夏の蟹座、秋の天秤座、冬の山羊座というように、

それぞれが季節の始まりを表し

新しい風景やムードを作っていく星座たちです。

 

そうした視点から、活動宮を太陽や月に持っている人は

「始めること」と「変えること」に長けていると解釈されます。

蟹座と山羊座は女性星座であり、

周囲との協調性を保ちながら物事を始めていく傾向があり、

牡羊座と天秤座は男性星座のため、

前へ進む推進力がより強く発揮されていきます。

 

そのため、9/9に木星が天秤座に入りましたが、

木星の天秤座モードがいっきに高まり

社会が天秤座の価値観に染まるようになるのは

太陽が天秤座に入る9/22日頃からだと考えられます。

 

天秤座に太陽と木星がともに滞在するこの1ヶ月は、

これからの一年を象徴するような1ヶ月ともなるでしょう。

 

また今年の天秤座の期間中には、大きな惑星の会合があります。

(会合とは惑星と惑星が重なることです)

それは10/19の火星と冥王星の山羊座での会合です。

 

冥王星は無限のパワーや底力を表しています。

そして、そのパワーは普段は地下に潜った状態でいます。

火星は内側から外側に勢いよくエネルギーを放出する惑星です。

 

そのため、この組み合せは、

普段眠っているパワーが大きく顕在化することを表します。

あることをきっかけに、思ってもみなかった力が顕在化し、

自分自身の奥の方に大きな力が隠れていたことを発見するかもしれません。

 

同時に、冥王星は根底からの変化を表す惑星です。

現在、この冥王星が2008年〜2023年まで山羊座に滞在しており、

約15年間かけながら社会の枠組みを根底から変えようとしています。

(ちなみに、冥王星が前回、山羊座に滞在したのは1761年〜1780年で、その頃、

イギリス産業革命やフランス革命が起こり、世界は近代へとシフトしていきます)

火星はその冥王星に2年に一度、会合し

そのたびに冥王星・山羊座のテーマを強力に顕在化します。

 

今年の火星と冥王星の会合は山羊座16度で起こります。

山羊座16度は「体操着を着た少年少女」というサビアンシンボルです。

これは社会の一員として成熟してきた人々が、無邪気な内面を表面化させることで

理性と感情の葛藤を起こすことを表しています。

 

もともと16度という度数は、その星座の折り返し地点で

反対サイドの星座を取り入れることで、その星座のあり方を見直す度数です。

山羊座の場合、蟹座的な感性を取り入れることで

山羊座のあり方を見直します。

 

それは大人になり過ぎた山羊座が、

ここで一度、純粋な蟹座的な心を取り戻すことで、

葛藤はあれど、より成熟した大人になっていくと解釈できます。

 

大人として未熟だと思っている人には、

実は、子供性が満たされていないことに問題がある人が多いのです。

子供性とは、心の中の小さな欲求のかなえ方です。

それが上手にできる人は、社会的にも信頼される人であるケースが多くみられます。

 

山羊座16度に火星と冥王星が会合するということは

かなり激しい形で、心の奥底にあった子供性のようなものが顕在化していいき、

成熟した大人である自分自身と無垢で無邪気な子供のような感情が

大きな葛藤を作っていくことでしょう。

 

東海 豊

 

コメント
コメントする