20年前を思い出してみる」

 

199698年、今から20年前の日本は、

バブルが終わり平成不況の真っただ中にいました。

その不況が、団塊ジュニアの就職の時期と重なり、就職氷河期と言われる時代です。

橋本内閣の政策により、消費税も5%に上がり消費は一層の冷え込みを見せ始めました。

携帯電話の価格が下がり、普及率が一気に上り、IT環境も大きく変わりはじめた頃でもあります。

はじめて携帯を持ったのがこの頃という人も多いでしょう。

サッカーファンには、マイアミの軌跡、ジョホールバルの歓喜など忘れられない年です。

流行したものは、PHS、タマゴッチ、ポケモン、エバンゲリオン、失楽園、小室ファミリー、ルーズソックス、アムラーなどなど。

さて、この頃の皆さんはどんな時代だったでしょうか?

 

12/20、まもなく土星が山羊座に入りますが、

土星が山羊座に入った時は、20年前を思い出してみることが大切です。

それは、山羊座の土星は「長い時間をかけたことが完成に向かう」からです。

 

完成に向かう時に大切なことは、スタートの時期に戻ることです。

「その頃のあなたが、今のあなたを見たらどう思うか?」

この視点がとても大切になります。

 

例えば、当時20歳だったとすると、現在は40歳です。

20歳のあなたから見た40歳のあなたはどんな風に見えますか?

 

また、20歳のあなたに

40歳になったら、こんなことをやっていて、こんな人になるとしたら、どう?」

と聞いてみることも大切です。

 

その答が、肯定的であったとしても、否定的であったとしても、

その視点が2018年のあなたを育てていきます。

そして、その後の人生の大きな自信となっていくでしょう。

 

「土星の山羊座時代」

 

201712/20に射手座から山羊座に移動する土星は

202012/17まで山羊座に滞在します。

(20203月〜7月に一度、水瓶座に入ります)

土星の山羊座時代の始まりです。

 

「土星が山羊座に入った時は、必ず牡羊座に入った時代を振り返る」

という考え方は、「牡羊座のスタートと山羊座のゴールという法則性」を、

占星術がとても大切にしているからです。

 

時代の情勢を見る時は、一つ前の周期を参考にします。

 

土星の一周前の周期は、

1967年〜68年が牡羊座 高度経済成長後期

1988年〜90年が山羊座 バブル経済期

 

高度経済成長で始まり、その結果バブルの頂点でひとつの時代が完成しました。

その後、土星が水瓶座に移動するタイミングでバブルは崩壊し、その流れで平成不況に向かいます。

 

今回の土星の周期は、牡羊座で平成不況が始まります。

そのため山羊座の3年間は、その不況が極まると予想できます。

そして、2020年に土星が水瓶座に入る頃、新しい時代の予兆が見えてくると想定することができます。

 

2019年は今上天皇の退位の年となり、新しい時代に移行しますが、

経済的に低迷し、混迷を極めた平成という年も、まもなく終わりを迎えるということですね。

そういえば、昭和天皇の崩御は1989年。前回、土星が山羊座にいた時期でした。

 

Capricorn Climax

 

実は、この土星の周期以上に、より大きな周期の惑星も山羊座に滞在し、

一つの時代を完成に向かわせようとしています。

それは冥王星です。

 

冥王星が牡羊座に滞在したのは19世紀前半です。

その頃から200年が経過し、一つの時代が終わろうとしています。

このように、周期の異なる惑星が同時に山羊座に滞在するのはとても珍しいことです。

 

前回の土星山羊座時代(198890)には天王星が山羊座に滞在しました。

そして、今回の土星山羊座時代(201820)は冥王星と土星が山羊座に滞在します。

この2回の配置を経て、200年以上の周期という大きな時代がひとつ完成し、終わりに向かいます。

 

こうした山羊座に外惑星が集まる現象を「Capricorn Climax」と呼びます。

(カプリコーンとは山羊座のことです)

長くなりますので、Capricorn Climaxの詳しいことはまた後日に書きますが、

いずれにしても、今回の土星の山羊座入りは、

29年に一度ある「通常の山羊座入り」とは異なる、

より長い周期が完成に向かうと考えることができるでしょう。

 

1/151/18は山羊座祭り」

 

12/20の土星の山羊座時代を祝福するように

太陽が12/22(冬至)に山羊座に入ります。

そのためこの時期は、これからの3年間を象徴するような時期となるでしょう。

 

特に1/151/18の山羊座の新月(1/17)を挟んだ4日間は

月・水星・金星・太陽・土星・冥王星の

6つの惑星が山羊座に滞在する山羊座祭りです。

 

これは長い物語の最終章の始まりの最初のクライマックスです。

ちょっと解り難いので、整理すると、

 

長い物語…1966年からの24年間

最終章…2017年からの3年間

最初のクライマックス…1/151/18

 

その中心である新月は、一ヶ月(月の周期)の始まりでなく

土星山羊座時代の始まりを表すダイナミックな新月です。

今回の山羊座の新月は、山羊座27度で形成されます。

サビアンシンボルは「山の巡礼」です。

 

これは「成功の可否予測に心を奪われることなく、ひたむきに願い、ひたむきに頑張ることで、新たな境地を見出す」という意味です。

山羊座は、具体的な計画をこつこつと実行し、着実に階段を登っていくサインです。

しかし、27度の山羊座は、巡礼者のように、ひたむきさや祈りの心を大切にします。

2020年までの3年間で、物事が完成し成就していくためには、

巡礼の心境に近い「ひたむきさ」が必要となるのでしょう。

 

★山羊座の時期の主な惑星の配置

 

12/22 冬至・太陽が山羊座に移動 同時に、太陽と土星がコンジャンクション(0)

・土星山羊座時代のはじまり

・一年で一番陰が極まる日

 

1/2 満月・太陽が山羊座12度、月が蟹座12度でオポジション(180)を形成

・自然界の法則やリズムを大切にする。冬の過ごし方、お正月らしい過ごし方を意識することが大切。

・先月に引き続き、スーパームーン。

 

1/3 天王星の逆行終了

20178/3から始まった天王星の逆行が終了。

・天王星が滞在する牡羊座の活動が活発化する。

・山羊座に滞在する多くの惑星とともに、活動宮の動きが活発となる。

 

1/9 太陽と金星と冥王星が山羊座20度でコンジャンクション(0)

・冥王星が金星のフィルターを通して、影響を与える。

・深い愛情が引き出されるような出来事が起こるでしょう。

・徹底的に楽しむのもいいかもしれません。

 

1/1518 山羊座祭り・太陽、月、水星、金星、土星、冥王星が山羊座に集合

1/17 新月、太陽と月が山羊座27度でコンジャンクション(0)

・土星山羊座時代の「最初のハイライト」。

2018年はこの日に新年の祈祷を行うのもいいかもしれません。

 

1/20 太陽が水瓶座に移動

 

※次回は「2018年を読み解く」です。ここでも土星の山羊座入りを解説します。お楽しみに!

 

東海 豊

コメント
コメントする